<< パク・ヒョンビン「シークレット... 樂童ミュージシャンがYGの社屋... >>

半裸女性がお尻でベートーベンの第5を演奏(爆笑保証)。


▲베토벤 제5번 「운명」엉덩이연주-쿵더쿵- (ベートーベン第5「運命」のお尻演奏・・・プルンプルン)

半裸の女性がお尻で「運命」演奏?
セクシーでコミカル、中毒になりそう。

b0049893_5325290.png美貌の女性がお尻でベートーベンの交響曲第5番C単調「運命」を演奏する映像がオンラインで話題だ。米国の動画専門サイトYouTubeには「ミシェル・ラムールのパフォーマンス、ベートーベンの第5シンフォニー」というタイトルで3分2秒の映像がネチズンたちの耳目をひきつけている。公開された映像で背の高いスマートなスタイルを自慢するこの女性は楽器をチューニングする時、舞台に出て来て客席に向かって挨拶したあとピアノの椅子に座った。彼女はクラシックの指揮者のようにタキシードに蝶ネクタイまで着用していたが下着はなかったし、蝶のリボンが付いた紐パンだけだった。彼女は楽譜を前に置きタキシードをパッとまくってお尻が見えるようにした。やがてベートーベンの交響曲「運命」が流れ始めると彼女のお尻はプルンプルンと動き始めた。彼女は音楽の強弱にしたがってお尻を左、右と揺さぶった。お尻を揺さぶる時もリズム感があったし、彼女のお尻の動きと音楽はシンクロ率100%を自慢した(中略)。

お尻で演奏したこの女性は1980年生まれでミシェル・ラムールと言い、風刺とユーモアを専門に演じるパフォーマンス・アーチストだ。幼い時からバレー、ジャズ、ヒップホップ、現代舞踊などを習ったし、イリノイ大学で金融学の学位を取得したがパフォーマンス・アートを捨てられずパフォーマーとして活動する。大小のステージで公演した彼女は絶え間ない努力の末にパフォーマンス・アーチストとして認められ、2005年には「ミス・エキゾチック・ワールド」で優勝まで占めた。

記事元(韓国語原文) / 스포츠서울

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ クリックで韓国ドラマ情報
[PR]
by madray1 | 2013-06-13 05:33
<< パク・ヒョンビン「シークレット... 樂童ミュージシャンがYGの社屋... >>