<< 「最高だ、イ・スンシン」放映禁... K-POP最高位のアーティスト... >>

SISTARの新曲MV公開「ランジェリールックで破格のパフォーマンス」。


▲씨스타(SISTAR)/ 기브잇투미(Give lt to me)MV. (シスター「ギブ・イット・トゥ・ミー」MV.

シスター(SISTAR)、新曲ミュージックビデオ公開。
「ランジェリールックで破格のパフォーマンス」

b0049893_513193.jpg2年ぶりに正規アルバム「ビューティフル・モンスター(Beautiful Monster)」で帰ってきたガールグループ、シスターの新曲「ギブ・イット・トゥ・ミー(Give it to me)のミュージックビデオが公開されて話題だ。11日シスターは新曲「ギブ・イット・トゥ・ミー」の音源およびミュージックビデオ音源サイトとYouTubeを通じて公開した。公開されたミュージックビデオは映画「ムーランルージュ」と「太陽のサーカス」が連想される華麗で感覚的な映像でシスターの魅惑的なボーカルと振付けが交わってひと時も目を離せなくさせる。特に古典とモダニズムが絶妙にマッチしたランジェリールックに帽子、ティアラなどをマッチさせて「ムーランルージュ」のプリマドンナに変身したシスターのメンバーの情熱的で破格のパフォーマンスは「やはりシスター!!」という賛辞を生んでいる。

今回のシスターのミュージックビデオもまた「私一人(나혼자9」「ラビング・ユー(러빙유)」「いたのにいないから:仮題(있다없으니까)」などを作った国内(韓国)最高のミュージックビデオの監督チュ・ヒソンが参加、シスターと「絶対的コンビ」であることを改めて立証した。タイトル曲の「ギブ・イット・トゥ・ミー」は去年「ラビング・ユー」を通じて幻想的なコラボをリリースしたイダニョプチャギ(이단옆차기:ダブルキック)の作曲にプロデューサーのキム・ドフンの編曲を加えて目を引く。K-POPの二大プロデューサーの意気投合であるだけにシスターのボーカルの訴える力を最大化して一層アップグレードされた魅力を感じることが出来るし、セクシーと情熱の代名詞で呼ばれる「タンゴ」的な要素に緊迫感に富んだストリングが加えられて愛に痛く感じる女の悲しみを切切と表現している秀作と評価されている。一方、シスターは11日合井洞(ハプチョンドン)のロッテカードアートセンターでショーケースを開いて本格的な活動に乗り出す計画だ。

記事元(韓国語原文) / 스포츠조선

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ クリックで韓国ドラマ情報
[PR]
by madray1 | 2013-06-12 05:14
<< 「最高だ、イ・スンシン」放映禁... K-POP最高位のアーティスト... >>