2015年 04月 27日 ( 1 )

私、今日はチェ・ジウの話に泣かされた。

b0049893_18363486.jpg

「ヒューマンドキュメンタリー愛」チェ・ジウ
「ヘナの残念な報せに心が痛んだ」

b0049893_18383317.jpg女優チェ・ジウがMBC「ヒューマンドキュメンタリー愛」を通じて縁を結んだあと残念にも亡くなったヘナを回想した。27日MBCによればチェ・ジウはこの日放送される「ヒューマンドキュメンタリー愛」の10周年記念特集「2015ヒューマンドキュメンタリー愛プロローグ10年間の愛」でナレーションを引き受けた。「ヒューマンドキュメンタリー愛」は「長期間密着取材ヒューマンドキュメンタリー」という新しい試みで韓国ドキュメンタリーの歴史に大きい一線を引いたという評価を得ている。このような「ヒューマンドキュメンタリー愛」の作品性は国内はもちろん世界でも認められて、国際エミー賞など全世界の優秀テレビ番組とドキュメンタリーに与えられる各種賞を受賞したりもした。「ヒューマンドキュメンタリー愛」と10年のあいだ共にした数多くのスター・ナレーターたちが主人公の曰くを自分のことのように不憫がって泣いて笑った。その中でもチェ・ジウは去る2013年「ヘナ(写真左)の奇跡」編で縁を結んだ以後、今回の10周年特集編でもナレーションに参加するという意向を明らかにしてきた。チェ・ジウは忙しいスケジュールにもかかわらずヘナに対する愛情を前面に出して10周年特集「ヒューマンドキュメンタリー愛」に声を共にしたいという旨を制作スタッフより先に伝えてきた。去る2013年「ヘナの奇跡」編のナレーション参加当時にも出演料の全額をヘナの治療費に寄付したチェ・ジウは今回の10周年特集編でも「ヒューマンドキュメンタリー愛」出演者たちのための才能寄付(才能を活かして無償で働くこと)形式で参加することになった。

チェ・ジウはインタビューを通じて「苦しくて耐えがたい手術をよく耐え抜いたヘナが元気になるのを願ったのにとても残念な報せを聞いて心が痛かった。彼女の家族は今どのように過ごしているのか気になって、お姉さんのテナの姿も早く見たい」という所感を明らかにした。また「今後もこの番組が暖かさ、愛、希望を引き続き伝えてくれたら嬉しい」と「ヒューマンドキュメンタリー愛」10周年を祝うこともした。

チェ・ジウは現在カナダで暮らしているヘナの家族にビデオレターを送ることも忘れなかった。制作スタッフを通じてビデオレターを受け取ったヘナの家族はとても嬉しがって「いつかチェ・ジウが私たちの家を訪ねてくださるなら嬉しいです。暖かい抱擁と感謝の言葉を伝え、美味しい食事でおもてなしをして楽しい時間を過ごしたい」という返事を書いた。「10年間の愛」は27日夜11時15分に放送される。(ヘナちゃんは先天性気道無形成症という厄介な病気を患っていて国内での治療が困難なため米国に渡り人口気道の移植手術を受け、健康を回復するかのように見えていたが2013年7月7日に手術の後遺症で3年足らずの短い生を終え天国に召されて行きました・・・この項ブログ管理人・追記)。

記事元:마이데일리(←韓国語原文はこちらクリック)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ クリックで韓国ドラマ情報
[PR]
by madray1 | 2015-04-27 18:41