<< 「三度の食事」妊娠したミンキの... KBS2「時を駆けるTV」9日... >>

少女時代「PARTY」の水着が気になる? スタイリストが放ったその秘密。



少女時代の水着が気になる? スタイリストが放ったその秘密。

b0049893_12401663.jpg去る2007年「また出会う世界」でデビューして以後、初めての水着団体撮影だ。もちろんこれまで時々個別のグラビア撮影はあったが、ミュージックビデオなど公式活動で8人が一緒に水着を着てカメラの前でポーズを取ったのは初めてだ。ひとまず結果は大成功。「パーティー(PARTY)」のティザーが公開されるやいなや、オンラインの人気検索語で「少女時代の水着」が浮び上がった。2015年夏ガールグループ対戦の中で「K-POPの女神」たちの特別な選択で注目を浴びるのに成功したわけだが、その熱い関心ぐらい水着撮影の過程やブランド、スタイルに対しても関心が高い。ずっと少女時代と呼吸を合わせて来たスタイリストのソ・スギョン室長とEメールのインタビューを通じて今回、少女時代の初めての水着撮影の裏話を直接尋ねてみた。

▼八人の女神に水着を着せる作戦、神経戦は?

タイのコ・サムイで撮影された「パーティー」のティザーが公開されるやいなや業界の関係者たちは一言で驚いた。一人でなく八人、それも最高の女性トップスターに水着を同時に着せることは思ったよりはるかに複雑で、「ミッション・インポッシブル」に近いためだ。個別の趣向に合わなければならないのはもちろんで、八人のメンバーの間で互いに比較したり妬むようになることも避けられないはず。万が一最初のテープから絡まれば完成カットが上がらない状況が繰り広げられることもある。もちろん少女時代が今回のアルバムを準備して初めからビキニを考えてはいなかった。撮影前には下着にデニムを着たり、砂浜と似合うビーチウエアでスタイルを構想した。けれどもロケ地の性格と色々な外的環境によって下着を変えることになったし、あらかじめフィッティングしておいた水着に交替された。

水着の選択過程は意外にクール(cool)に、よどみなく進行された。 永らく少女時代と作業をしながらメンバー別の個性を正確に知っているスタイリスト、ソ・スギョン室長が全体の進行を陣頭指揮した。メンバーたちもまた、非常に積極的に撮影に臨んだが、直接アイディアを出したり個人所蔵の水着を持ってきたメンバーもいた。ティファニーが自身の衣装だんすから持ち出して来たボヘミアンスタイルのビキニが代表的な例。ビクトリアシークレットの製品で、上衣に長さがあって少しクラシックな感じを抱かせるという評。ヒョヨンもまた個人所蔵の水着を持ち出して来た。破格のセクシーデザインで有名なエージェント・プロヴォケーターの製品で、ヒョヨンの成熟美と個性を強調している(以下省略)。

記事元:스포츠조선(←韓国語原文はこちらクリック)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ ←クリックで韓国のエンタメ情報満載のサイトへ。
[PR]
by madray1 | 2015-07-10 12:41
<< 「三度の食事」妊娠したミンキの... KBS2「時を駆けるTV」9日... >>