<< 「メンドロントットッ」14話、... ハ・ジウォン「歌手活動は騙され... >>

映画「延坪海戦」公開初日、北朝鮮「最終的に戦争を挑発しようとするもの」と猛非難。



映画「延坪海戦」公開初日、
北朝鮮「最終的に戦争を挑発しようとするもの」と猛非難。

b0049893_02177.jpg北朝鮮「延坪(ヨンピョン)海戦は歪曲ねつ造された映画・・・米国と韓国が引き起こしたもの」と非難。北朝鮮は24日第2延坪海戦を素材にした映画「延坪海戦」を巡り「歪曲ねつ造された映画」と非難した。北朝鮮の対南宣伝用ウェブサイト「我が民族同士」はこの日「延坪海戦」に対して「傀儡極右保守分子が自分たちの軍事的挑発によってもたらされた西海(ソヘ・黄海)武装衝突事件を著しく歪曲ねつ造した不純反動映画、反共和国謀略映画」だと言った。

特に「我々が共和国政府声明で南北関係改善に対する公明正大な立場を明らかにしたのと時を同じくしてこのような民族の祭りを遂に繰り広げるとは統一に反対する傀儡当局の胸中を明確に表したもの」と非難した。「我が民族同士」は第2延坪海戦が米国と韓国が起こした計画的な軍事挑発事件だったと主張した。引き続きこの映画を上映するのは「南朝鮮人民の中に我々共和国に対する不信と敵対、悪意を根強く植え付ける一方、北侵略戦争熱をより一層鼓吹して最終的に戦争を挑発してやろうということ」と付け加えた。

一方、「延坪海戦」は公開初日に観客を集めてボックスオフィス1位に上がった。25日の映画振興委員会映画館入場券統合コンピュータ・ネットワークによれば「延坪海戦」は24日の一日で全国667カ所のスクリーンで15万3382人の観客を動員してボックスオフィス1位を占めた、累積観客数は16万2605人だ。

「延坪海戦」は2002年韓国・日本共催サッカーワールドカップの3~4位決定戦が開かれた6月29日、北朝鮮の警備艇2隻が西海(ソヘ・黄海)北方限界線(NLL)を侵して韓国海軍艦艇チャムスリ-357号艇に奇襲攻撃を仕掛けて勃発した第2延坪海戦を扱った作品だ。

同じ日、映画「極秘捜査」は676カ所のスクリーンで13万7383人の観客を集めてボックスオフィス2位を占めた、累積観客数は159万5089人。引き続き「ジュラシック・ワールド」は633カ所のスクリーンで10万1553人を集めて3位を占めた、累積観客数は373万3767人を記録中だ。

記事元:중앙일보(←韓国語原文はこちらクリック)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ ←クリックで韓国のエンタメ情報満載のサイトへ。
[PR]
by madray1 | 2015-06-26 00:02
<< 「メンドロントットッ」14話、... ハ・ジウォン「歌手活動は騙され... >>