<< 「アングリーママ」6話、乱闘劇... インチョン「萬多福」の白いチャ... >>

「アングリーママ」5話より、教師の鏡を演じるチ・ヒョヌ。

b0049893_1958425.jpg

「アングリーママ」チ・ヒョヌはジャングルの中にいる
キム・ヒソンとキム・ユジョンを守ってやれるだろうか?

「アングリーママ」チ・ヒョヌが弱者キム・ヒソンとキム・ユジョン母娘を守ることが出来るだろうか。1日に放送されたMBC水木ドラマ「アングリーママ」5話でパク・ノア(チ・ヒョヌ)は学校に戻ったオ・アラン(キム・ユジョン)とチョ・カンジャ(キム・ヒソン)を守ってやることに決心した。パク・ノアはチン・イギョン(ユン・イェジュ)が自殺すると責任を痛感して熱い涙を流した。そして彼は友達のジン・イギョンの死から以後オ・アランが学校に再び戻ると守ってやると誓った。パク・ノアはホン・サンテ(パロ)と争って授業の途中で学校の外に出て行くチョ・カンジャを見て家庭訪問を決心した。引き続き彼は家の住所を調べたしチョ・カンジャの母と偽っているハン・コンジュ(コ・スヒ)と劣悪なナイトクラブの環境を見て驚いた。これに対しチョ・カンジャは学校と世間がジャングルなのに家だけが温室なら良いのか?外に出れば虐待されることがわかりきっているのにと自嘲した。逆に彼女はパク・ノアが温室で育った子供のようだと言った。これを聞いたパク・ノアはチン・イギョンがまったく同じことを言っていたことを思い出したし「君がもう少し暖かいところで育ったら良いのだ。そしてあまりピリピリしないで少しは楽にして、ぎゅっと握った拳(こぶし)も少し開いて。少しの間でも、たった一坪でも、何の心配もなく暖かく過ごせる、そんな温室が君にもあったら良いだろう。イギョンにはそうすることが出来なかったが、私は君にそんな人になってもらいたい」と暖かく慰めた。

パク・ノア、チョ・カンジャ、オ・アランは暗くて冷徹な権力と暴力に比べれば弱くて正しい存在だ。特にパク・ノアは教師という使命感で子供たちを守ろうと孤軍奮闘している。今や現実に向き合ったチョ・カンジャとオ・アランに対する彼の態度がもしかしたら理想的で時には苦しいが共感できる理由は大変な世の中を生きているすべてのチョ・カンジャとオアランに言葉をかける暖かい慰労であり希望で近づくためだ。世の中で一番善良な教師パク・ノアが、ますます悪くなる世の中と相対して戦おうとするチョ・カンジャとオ・アランの強力な助力者になれるのか期待感が高まっている。

記事元:티브이데일리(←韓国語原文はこちらクリック)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ クリックで韓国ドラマ情報
[PR]
by madray1 | 2015-04-02 19:58
<< 「アングリーママ」6話、乱闘劇... インチョン「萬多福」の白いチャ... >>